太陽光発電徹底知識メイン画像

温室効果ガスを削減するために、太陽光発電の普及が目指されていますが、はたして普及した後はどうするのでしょうか?

太陽光発電と目前の目標

温室効果ガスを削減するために、太陽光発電の普及が目指されていますが、はたして普及した後はどうするのでしょうか。

現在は、2012年までに温室効果ガスを6%減らすといった目標がありますので、補助金制度などをおき、一般家庭への太陽光発電システムとオール電化への切り替えを進めていますが、もしも、本当に6%軽減できたとしても、太陽光発電システムにも寿命がきますので、寿命を迎えた太陽光発電システムを廃棄する際には、やはり、温室効果ガスが生まれます。

現在の様に、爆発的に普及しているのならば、寿命を迎える時期も同時期になると思いますし、一斉に廃棄されたとすれば大量の温室効果ガスが生まれると予想されます。

さらには、古い太陽光発電システムを処分して、新しいものを付け変えるには、生産の際に温室効果ガスが発生しますし、より安価で便利な太陽光発電システムができれば、そちらに鞍替えして無駄に廃棄物をだす結果にもなってしまうかもしれません。

太陽光発電が与えるのは、明るい材料ばかりではない事も覚えておきましょう。

しかし、それならどうすればいいのか、疑問に思われるでしょう。

太陽光発電を設置することは悪いことではありません。

安易に安いものに飛びつくのではなく、太陽光発電の性能の良い物を設置すれば、上記したようなマイナス点も最小限に済ませることができるのです。

太陽光発電比較探検隊の性能比較情報等で、現行のシステムについてよく知ることが、性能の良い太陽光発電システムを選ぶことにつながります。